ぬちぐすいの会

by

2010年8月 「ぬちぐすい」とは、沖縄の言葉で「いのちの薬」という意味ということです。

会の名前にぴったりな言葉がないか探していたときに、小川洋子さんが「沖縄にこんな素敵な言葉があるよ」と 教えてくれて、早速お借りすることになりました。

細胞のひとつひとつが喜びでふるえるような、

魂がゆさぶられるような、

作品(フィルムなど)やお話し会を通して、

共に気づきを分かち合う研究会のような、

勉強会のような集い、「ぬちぐすいの会」を発足しよう!

今月、夏の信州の旅の途中で生まれた提案でした。

勉強会といっても、堅苦しいことはなにもありません。

とっておきのおすすめフィルムを投影して一緒に観たり、

一押し講師を呼んで胸が熱くなるお話をシェアしてもらったり、

少人数ならではのちょっとしたわくわく研究会のようなものです。

お互い信頼が土台になって、リラックス出来る集いになりそうです。

一回一回重ねて行くごとに、私たちの愛の力が増して、一人一人がより輝く。

お互いを磨き合う素敵な場に自然になっていくのではと今から楽しみです。

会は月一度くらいのペースで、ナチュラル・ストゥーディオで行います。

一回は1〜2時間くらい。会員同士で一番都合のつく日を選ぶので、月によって日程が変わります。

どんなことをシェアするかは、会員になった方にメールでお知らせします。会員対象の非公開講座と考えてください。

毎月絶対参加しなければならないというのでもありませんので、あまりお金をかけず、無理なく楽しく学び合えればと思います。

会費は基本的に無料です。お茶やお菓子の実費を出し合ったりするときは、よろしくおねがいいたします(3〜500円程度)。

時には、いのちの薬になるようなプチツアーを企画するかもしれません。

講師になっていただく方への交通費など必要になるかもしれません。そのときはみんなで決めましょう。よろしくおねがいいたします。

会員のお申し込みは:いまのところ紹介制を取っております。ご興味のある方は、maki.findlay@gmail.com へメール下さいませ。

また、ぬちぐすいの会が主催するイベントも年に数回行えればと思います。

会員が主催して、同時に参加する、公開講座のようなものです。会員でなくても誰でも参加出来ます。

早速なのですが、ぬちぐすいの会による公開講座・第1弾、第2弾が決まっています。

第一弾は、10月3日(日)16:30〜「1/4の奇跡〜本当のことだから」英語字幕付き自主上映会(こちらはフィルムレンタル代がかかりますので、御一人参加費1,000円お願い致します)

第2弾は、10月17日(日)チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム short version 10:00〜12:00(茶菓子代500円)です。 お楽しみに!

広告