「幸せの経済学」上映会ご参加ありがとうございました!

by

ご報告が遅れてしまいました。5/22(日)国際生物多様性デーイベント「幸せの経済学」上映会には、

雨の中、定員を上回るローカルの方々に来ていただけ、本当に感激しました。上映会をしようと決心してよかったとつくづく思えた一日でした。みなさまどうもありがとうございました!

ここでお詫びがございます。せっかく集合写真を撮ったのに、写っていなかったのです〜〜〜〜〜m(- -)m

長い間カメラに向かってチーズをしてくださった皆様に本当に申しわけないことをした・・・とがっくりなのですが、

こういうこともありますよね・・・許してくださいm(- -)m

一枚だけ残っていた!といわれ、観たら私が写っていてお恥ずかしいのですが、上映開始前のお写真です。

全国で115カ所同時上映ということで、千葉だけでも9カ所の上映があった日・・・

その中で、このような小さな小さな映画館を選んで来てくださった方々に、なにか私なりに敬意を表したい気持ちで

母からもらった着物を着ました。着物を着た理由がもう一つ。

ヘレナ監督のショートドキュメンタリー「懐かしい未来」を、最初の38分でご覧頂きましたが、

このフィルムでは、とてもきれいな、鮮やかな民族衣装を着ていたラダックの村の人々がとても印象的ですね。ところが、

ある時から村から民族衣装が消えて行く。美しい色が失われていきます。笑顔も一緒に・・・

このフィルムを観たあと、無性に日本の民族衣装を着たくなりました。

このフィルムをご覧になって、各々のご参加者が「私にとっての『幸せ』とは?」という問いを胸に抱き、

お帰りになったことと思います。

フィルムナイトだったということもあり、上映会終了は夜8時近く。お子様を預けて来られた方、次の日仕事の方、色々とご事情があると思いましたので、一旦締めて、残れる方々だけでディスカッションをしました。半数以上の方々が残ってくださり、びっくりしました。

輪になって、御一人づつ自己紹介を交えて感想を述べ合いました。様々なバックグラウンドの方、経験されて来たことも十人十色でまさに生物多様性を感じるディスカッションタイム。

原発問題や自然農、鬱病や印旛沼浄化、色々なトピックが飛び出しましたが、全てはつながっているのだね、、、と気持ちを寄せ合った時間でした。10時過ぎまで語り合い、まだまだ話したりませんでしたが「またこんなふうに話せる機会があったら!」「また次回のイベントで!」と声を掛け合い解散しました。

市議の方や元市議の方も来てくださり、自分の意見を行政に反映させるために勇気を出して発言された主婦の方もいらっしゃいました。すばらしい!

だれもが「まだまだ勉強不足」。それでも声に出すことで一歩踏み出すことができる。周りの人たちも踏み出せる。確かに勇気はいるけれど、ここはだれもがつながりを求めていて、自分たちが「幸せ」だと思う生き方や世界に向かってなんとかしたいのだ!という人たちばかりであったことが伝わり感激しました。先日の中村隆市さんの言葉、「大事なものを、本当に大事にすることが出来る社会」をみんな望んでいる・・・

最後に、今日、御参加者のはたのさん(出身が福島で、ご家族も福島にいらっしゃいます)から届いた一枚の写真をご紹介します。とても美しい福島県磐梯山と猪苗代湖の写真です。

また涙が出そうです。

広告