着物に気軽にチャレンジ

by

震災前に、今年は「日本の心の豊かさを取りもどす」和美(わび)circleスタートしたいなあと考えていました。

circle1:初めての着付け(日本の伝統衣装・着物に親しむ。美しく着る。内外の美を追求)と予告をだしておりました。

 

震災後、大量生産された服の陰に隠れた日本の民族衣装がいっそう気になり始めました。

不思議と震災後、周りに茶道をしたい、着物を着たい、という声を(私は)耳にします。

 

母からの後押しもあり、今月から、無理なく月一で始めてみようと思います。ご興味のある方は是非ご参加下さいね(^ ^)

ご一緒に、楽しくわいわい習いましょう♩

 

和美(わび)サークル

初めての着付け

〜母から子へ、孫へ〜

まず第一弾として、6月・7月は、

今年の夏は 自分で浴衣を!!”

をいたします。

 

それ秋からは、

タンスに眠っている着物を使いましょう。

リサイクルしてコーディネートしてみましょう。

日本の伝統美を体感しましょう。

伝統美を次の世代に伝えて行きましょう。

お母さんが着物と親しんでいる姿を子どもに見てもらいましょう。

 

 

伝える人:美見(みいみ)

「和裁を教えていた母の影響で、小さい時から着物を着せてもらったり、着付けを教えてもらったり、日舞を習ったりと、自然に着物との生活がありました。大人になってからは大手着付けスクールで長年修行に励んだこともあります。

現在は、もっと次世代に着物の良さを、ある着物でコーディネートして楽しむ方法を、お金がそんなに無くても着物に親しめることを伝えたくて、この都度の会の立ち上げとなりました。」

アシスタント:フィンドレィ麻紀

 

第一回目:6月22日(水)、第二回目:7月13日(水)

場所:ナチュラル・ストゥーディオ(Natural Studio)

時間:10〜12時(2時間)

月謝:2,000円(一回)

入会金/年会費:無し

持ち物:浴衣、紐3本、肌襦袢、裾よけ、伊達締め、タオル2枚、半幅帯、足袋(そのまま着て帰られる方は草履)、コーリングベルト(あったら)、シート(シートの上で着付けをします)、風呂敷

*持ち物については、分からなかったら問い合わせ下さい。最初はお貸し出来るものもあります。ナチュラル・ストゥーディオにサンプル持って行きますので見ていただくこともできます。

お申し込み/お問い合わせ:フィンドレィ麻紀 maki.findlay@gmail.com または、080−3368−0158

初心者大歓迎!おそらくみんな初心者です。全く知識がないところからで大丈夫です。お待ちしております!

 


広告