Archive for the ‘自然育児’ Category

「 千葉県~放射能は大丈夫? 」の第二弾のお知らせ

11月 17, 2012

.
千葉のみなさま

 

大事な講演のお知らせをさせてください。

以下、友人の奥津さんからの告知文です。

転送転載大歓迎です。参加費無料ですので、おじいちゃん、おばあちゃんもできたらお誘いください!よろしくおねがいいたします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「 千葉県~放射能は大丈夫? 」の第二弾を開催します。
私も急きょ、講師をすることになりました。
知られざる千葉県の実態と食材の選び方をお話しします!!

是非とも聞いていただきたいです!!
..
お申し込みは、
syokunoanzen2012@gmail.com (食の安全2012実行委員会)まで。
..
お手伝いいただける方は、私個人までメールをください。
okutteru@gmail.com(奥津輝久)
ご多忙のところ申し訳ありませんが、ぜひ、よろしくお願いします。
..
また下のほうに交流会のご案内もありますので、お読みくださいね。
(フライヤーも添付しました)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
..
放射能は大丈夫? VOL.2
「千葉県の食べもの・給食の安全性と放射能ゴミ問題」
..
先々月、「千葉県の食べもの・飲みもの、給食の安全性 ~放射能は大丈夫?」
と題し、生産者、流通業者、市民測定所、市民団体などの声を聞く会を催しました。
残念ながら質疑応答や議論の時間がなくなったため、今回その第二弾を開催することにしました。
..
..
【進行】
加藤登紀子(歌手・鴨川自然王国理事)+吉度日央里(オーガニック・ジャーナリスト)
..
◆午前の部  千葉県産の食べもの・給食の食材は大丈夫?
..
・ 千葉県産食材と給食の放射能汚の現状
奥津輝久(「子どもたちを放射能から守る活動ネットワーク」代表)
..
・ 市民が測ってわかった食品汚染の実態
高松素弘氏(柏市「ベクレルセンター」「NPO法人ベクまる」代表)
..
・意見交換・質疑応答(前回のパネリストも含め)
..
..
◆午後の部 放射能で汚染されたゴミは大丈夫?
..
・放射能ゴミの基礎知識
リック・タナカ氏(T&T研究所・パーマカルチャー伝導師)
..
・千葉県のごみの汚染の現状と行政の対応
藤原寿和氏(「化学・廃棄物処分場問題全国ネットワーク」共同代表)
..
・質疑応答・意見交換
..
..
..
【日時】 11月28日(水)10~16時30分(9時半開場)
*途中入場・途中退場可
【会場】 千葉市生涯学習センター(千葉駅東口から徒歩8分)
【参加費】 無料
【定員】 280名(要予約)
..
【お申し込み】
FAX 043-483-2555 (アトリエそうわーくす)
メール syokunoanzen2012@gmail.com  (食の安全2012実行委員会)
..
* お名前・ご住所・お電話番号・メールアドレス・参加人数・お子様の年齢、
下記のお弁当を注文される方はその個数を明記してください。
..
【お弁当のお申し込み】
「hifumi organic cafe & food」のオーガニック玄米菜食弁当(750円)を、
参加申し込み時に予約できます。
11月24日(土)までに、お申し込みください。
..
*昼食はロビーで食べられますので、ご持参いただくのもおすすめです。
「hifumi organic cafe & food」は、会場から徒歩3分。
生涯学習センターにカフェも併設されています。
..
【協賛】
アースマーケットプレイス(自然食品店)
大里綜合管理(不動産管理・200以上の地域貢献活動)
hifumi organic cafe & food(オーガニックカフェ)
レンドルフ(自然食品店)
ルバーブ(オーガニックカフェ)
..
【プロフィール】
..
藤原寿和(ふじわら としかず)
「化学物質問題市民研究会」代表。「廃棄物処分場問題全国ネットワーク」共同代表。
「有害化学物質削減ネットワーク」理事。
東京都環境局に勤務するかたわら、ダイオキシンや化学物質による公害根絶活動に取り組む。
2012年65歳離職後、脱原発・被災者支援・放射能汚染測定活動に力を入れている。
「藤原寿和の資料室」http://gareki326.jimdo.com/事務局情報/藤原寿和/基礎資料/
..
高松素弘(たかまつ もとひろ)
「NPO法人ベクまる」理事長。原発事故直後、柏市でガイガーカウンターの生中継をスタート。
その後、食品の放射能汚染状況を明らかにするため検査機関ベクレルセンターを設立し、
セルフ式放射能測定所「ベクミル」、柏市食品放射能測定委託事業に従事。
約1年で5,000件を越える食品放射能測定にたずさわる。
平行して、不検出だった物を告知していく市民活動「ベクまる」を立ち上げる。
「ベクまる」http://bq-maru.com/
..
Rick Tanaka (リック・タナカ)
T&T研究所員。パーマカルチャー伝導師。著者,翻訳者、ジャーナリスト。
興味の対象は政治,経済、エネルギー問題からパーマカルチャー、きわどい音楽まで。
(英語と日本語の)著書、訳書多数。
近刊は、パーマカルチャーの開祖,デビッド・ホルムグレンの『パーマカルチャー』(コモンズ)の翻訳。
オーストラリア在住。現在、鴨川自然王国に居住。
http://veekeeris.wordpress.com/ <http://veekeeris.wordpress.com/>
..
奥津 輝久(おくつ てるひさ)
一級建築士「アトリエそうわーくす」主宰。おもちゃコンサルタント。
「子どもたちを放射能から守る活動ネットワーク」代表。
「子どもの安全な遊び場を求める会」世話人。「おとき連」呼掛け人。
地域の放射線量を計測し、除染に貢献。
毎月放射能についての勉強会を開催し、紙芝居で子ども達が自ら被曝回避できるよう啓発している。
佐倉市在住。「子どもの安全な遊び場を求める会」http://gen82.xrea.jp/
..
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
..
終了後に、
会場から徒歩3分のひふみカフェにて、
登紀子さんを含めた交流会を予定しております。
ご都合がよろしければ、ぜひ参加ください。
..
昼間来られない方も、歓迎!
..
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
..
11月28日 夕方からの交流会
..
時間 17時頃~
場所 hifumi organic cafe & food(ひふみカフェ)
地図 http://www.hifumifoods.com/contact.php
参加費 2000円(ドリンク別)
..
*交流会へのご参加は、11月25日までに奥津個人メールへ。
件名「交流会参加」とお書き添えください。
okutteru@gmail.com(奥津)

MLホームページ: http://www.freeml.com/kodomoactivenet

 

 

http://www3.hp-ez.com/hp/jijibaba/page4

広告

9月5日 子供を守りたい千葉人、ここに集まれ〜〜!!

8月 10, 2012

千葉県の食べもの・飲みもの、給食の安全性
~放射能は大丈夫?~

福島第一原発の事故で、千葉県にも多くの放射性物質が降りました。生産者も消費者も流通業者も学校給食関係者も、いまだかつて経験したことのない事態と必死で闘ってきた1年数ヶ月。けれど現在も、お子さんをおもちのお母さんたちは、「いま、売られている食品は安全なの?」「給食に使われている食材は?」と考えては、不安をつのらせています。
そこで、千葉県内で食品と放射能の問題について勢力的に動いてこられた8人の方をパネリストとしてお迎えし、本音で語っていただく会を催すことにしました。鴨川自然王国で田植えや稲刈りをしてきた加藤登紀子さんとともに、パネリストの方々にいま知りたいことをうかがっていきましょう。

進行
・加藤登紀子 (歌手・鴨川自然王国理事)
・吉度日央里 (オーガニック・ジャーナリスト、放射能から子どもたちを守る全国ネットワーク事務局)

プログラム
1 食品と放射能の基礎知識
・古山明夫(古山教育研究所・所長)
2 パネリストのみなさんからの現状報告
3 パネリストへの質疑応答・会場からの声

日時/9月5日(水)
10時~11時45分(9時半開場)

会場/千葉市生涯学習センター  2Fホール(千葉駅から徒歩8分)

千葉市中央区弁天3丁目7番7号
TEL 043-207-5811

地図
http://chiba-gakushu.jp/know/know_04.html

千葉駅からの行き方/東口改札を出て外に出たら左に行き、すぐ左に曲がってガード下をくぐり、右手の階段をのぼって外に。横断歩道を渡り、十円まんじゅうの横のゆるやかな坂をのぼったつきあたり。

定員/280名(要予約)

参加費/無料  *お子様連れ歓迎。

共催
・子どもたちを放射能から守る活動ネットワーク
・放射能に打ち勝つ食事と手当てを全国に広める会
・孫たちを放射能から守る全国ネットワーク(通称じじばばネット)
千葉県支部 準備会
・南房総サマータイムブルース
・マクロビオティック料理教室たなごころ
・ORYZA(オーガニック系書籍・DVD制作)

【お申し込み】
FAX? 043-483-2555(アトリエそうわーくす)
Mail moon@e-oryza.com(ORYZA)

*件名を「9月5日申し込み」とし、お名前、人数(お子様の年齢と人数も)、携帯番号を明記してください。

【パネリスト紹介】

柳沢典子 (やなぎさわのりこ)
「環境とエネルギー・柏の会」世話人。チェルノブイリ事故後、「柏市放射能測定器運営協議会」事務局長、「核燃料輸送を考える市民の会」代表を歴任し、2005年に「食の安全と環境を考える会」を立ち上げる。3.11以降、放射能災害による食の安全と子どもたちの健康を守るための請願4本を議会に提出。

長谷川弘美(はせがわ・ひろみ)
現「ちば市民測定室しらベル」共同代表。「子どもを放射能からまもる会in千葉」代表。1992年より地元でチェルノブイリ救援活動を開始。元「チェルノブイリの子ども達に・千葉の会」代表。前千葉市議会議員(二期)。

富谷亜喜博(とみや・あきひろ)
山武市の農事組合法人「さんぶ野菜ネットワーク」代表。1988年、JA山武有機部会立ち上げに参加。2005年に、同ネットワークを設立。現在、半径3kmほどの地域に、50名の組合員がいる。

吉田篤(よしだ・あつし)
流山市で無農薬野菜と自然食品を扱う「真澄屋」と「真澄農園」を営む。元々EM農法であったが、3.11以降はさらにていねいにまいて栽培。検査機関に出し、多くの応援者に支えられながら農業を続ける。

大野登(おおの・のぼる)
千倉町の「スズ市水産」専務取締役。3.11以降、第三者機関にて放射性物質を検査。ベクレルフリーのイタリア料理店「エリオ ロカンダ イタリアーナ」(千代田区麹町)に、不検出の魚介を卸している。

戎谷徹也(えびすだに・てつや)
「大地を守る会」事業戦略部・放射能対策特命担当。共著『地球大学講義録?3.11後のソーシャルデザイン』(日本経済新聞出版社)、『放射能に克つ農の営み』(コモンズ)、他。

大橋崇(おおはし・たかし)
「自然と調和した暮らし」を提案する「ナチュラル・ハーモニー」(東京都世田谷区)の個人宅配部門「ハーモニック・トラスト」の責任者。八街市在住。0歳児と2歳児の父。

2012/8/4(Sat) event 「ていねいに暮らそう」

6月 22, 2012

私自身が心から楽しみにしている2012年夏のイベントのお知らせです。テーマは「ていねいに暮らそう」。8月4日、心と体にしみわたるお話と、お食事と、音楽が一緒になった贅沢な二時間半。私達は今、こんなひとときが必要ではないでしょうか?

この日の夜はどうぞ空けててくださいね!早めのご予約をおススメします(^ ^)/  お会い出来ますのを楽しみにしております。 Maki Findlay


**********

寺田本家24代目当主・寺田優さん×「Dawn-People」トーク&ライブ in佐倉「Natural Studio」

「ていねいに暮らそう」

スピード、手軽さ、合理性、利便性、経済性……。これまで私たちが、追いかけてきたもの。

そうやってできた大量生産・大量消費の世の中には、人体に有害なもの、電気やガソリンなどエネルギーをたくさん使うもの、生命力のないもの、ニュアンスのないもの、味気ないものがあふれかえってしまいました。
「Dawn-Peaple」の小畑くんが3・11のあと、初めて作った曲「ていねいに暮らそう」を聞いたとき、私は亡き祖母のゴツゴツした手を思い出しました。田んぼや畑をやりながら、梅干しもたくあんも、みそもしょうゆも、菜種油さえも作ってきたその手。若い頃には機織りもして着物を縫い、たらいで洗濯をし、ほうきでははき清め、ぞうきんがけをしてきたその手。

千葉県神崎町の自然酒蔵元「寺田本家」の23代目当主・故寺田啓佐さんの著書『発酵道』(河出書房新社刊)の制作中に、私は蔵見学を12回もさせてもらいました。江戸時代と同じやり方に戻した酒造り。蔵人たちが微生物の力を借りて、ていねいにていねいに造りあげるそのお酒には、飲んだ人までも発酵させる、その人の人生を楽しくさせる不思議な力があります。
今回のトークゲストは、その「寺田本家」の24代目当主を継いだ寺田優さん。かつて『半農半Xの種を播く』(コモンズ刊)で取材させてもらったとき、農作業好きな蔵人だった優さんに、「酒造りは田植えから始まっている」というお話をうかがいました。「だから、お酒ができたときには、娘を嫁に出すような気持ち」とも。

寺田優さんと、「Dawn-Peaple」の若い2人が語る「ていねいな暮らし」。優さんの奥さんの寺田聡美さんが作る酒粕パンと酒粕ラタトゥユ、吉度日央里が作る玄米カップ寿司とりんごジュースあんみつ。もちろん、「寺田本家」のお酒も存分に楽しめます。
そして、「Dawn-Peaple」のヴァイオリンとギターが奏でる極上のアコースティックに酔いしれる夜! ぜひお楽しみください。
オーガニック・ジャーナリスト 吉度日央里

■と き 2012年 8月4日(土)18時〜20時半(17時30分開場)

■場 所
Natural Studio(ナチュラルストゥーディオ)
千葉県佐倉市宮ノ台3-1-10 山万ビオトピアプラザテラス3

(山万ユーカリが丘線『中学校』駅下車すぐ左手)
http://naturalstudio.net/

■料金
一般:3,000円 学生:2,000円 子ども(小学生以下):無料

*料金にはお食事代が含まれます。ドリンクは別料金です。

■定員 30名

■申し込み〆切り 8月2日(木)キャンセルも2日まで。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【主催】

ぬちぐすいの会(http://goo.gl/6qzUP

ORYZA(オーガニック系書籍・DVD制作)

【予約先・お問合せ先】
ぬちぐすいの会 フィンドレィ麻紀
○電話: 080-3368-0158 ○MAIL: maki.findlay@gmail.com

*お名前・携帯番号・メールアドレス・参加人数(お子様の年齢)をお伝えください。メールの場合は件名を「8月4日申し込み」としてください。

寺田優(てらだまさる)
自然酒醸造元「寺田本家」24代目当主。「こうさき発酵の里協議会」代表世話人。
1973年大阪堺市生まれ。横浜国大卒。学生時代より世界各地を放浪する。1998年に、動物カメラマン吉田嗣郎氏に師事し、アシスタントとして撮影を始める。
2004年に、千葉で330年続く蔵元「寺田本家」に婿入りして蔵人となり、自然の摂理に則った発酵の世界に魅せられる。趣味はフットサルと読書。2008年より千葉県一小さな町神崎をワクワク発酵させる「こうざき発酵の里協議会」の代表世話人を務める。
寺田本家のHP http://www.teradahonke.co.jp/
こうざき発酵の里協議会のHP http://hakkou.org/

Dawn-Peaple
小畑亮吾(グーミ)のヴァイオリンと吉度模彌(exドロバナ)の変則チューニングギターによるユニット。2010年に活動を開始。アコースティックながらオルタナティブロック由来の楽曲を制作、演奏。Earthday TOKYOなどオーガニックシーンを始めとする多くのイベントに出演。また、マクロビオティック料理家などの著書出版記念イベント(岡部賢二氏、平田優氏など。益戸育江さんのギャラリーやカフェにて)での演奏にも定評がある。 2011年には山形で開催された音楽フェス【ぼくらの文楽】にも出演。
2012年4月1日、1st albumをdisk union限定リリース。最もDawn-Peopleらしい響きの場所を追求し、土壁の響きにこだわったレコーディングによる素直な音を収録している。
Dawn-Peaple のHP http://dawn-people.tumblr.com/

寺田聡美(てらださとみ)
酒粕料理研究家。自然酒「五人娘」や発芽玄米酒「むすび」などで知られる造り酒屋「寺田本家」の次女として生まれる。穀物と野菜中心の食生活を送り、雑穀カフェに勤務しながら、マクロビオティックを学ぶ。発芽玄米酒粕「にぎり酒」や自然酒の酒粕(板粕)を使ったパン、クラッカー、グラタン、ディップ、サラダ、ケーキなど、マクロビオティックをベースにしたさまざまな酒粕料理に定評がある。

吉度日央里(よしど・ひをり)
オーガニック・ジャーナリスト。マクロビオティックインストラクター。「放射能に打ち勝つ食事と手当てを全国に広める会」代表。「子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク」事務局メンバー。『発酵道』(寺田啓佐著)、『美人のレシピ』(山村慎一郎著・中島デコ料理/洋泉社)、『からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て 〜放射能対策編』(大森一慧著)、『みなみ屋さんののマクロビオティック 玄米ごはんと野菜のおかず 』などの編集を手がける。著書に『種まき大作戦〜土と命に触れる生き方』、『かんたん! 部屋で野菜をつくる』(以上2冊サンマーク出版)がある。

「いのちの林檎」 上映会@船橋!

4月 3, 2012

私のいちおしの映画、「いのちの林檎」の上映会のおしらせです。

昨年のナチュスタでの上映会にいらっしゃれなかった方、是非是非ご覧下さい。

3/11以降、一層この問題について、多くの人たちとシェアできたらという想いが強くなりました。

船橋での上映企画に感謝しております!

以下伊藤とし子さんのブログからの転載です。
化学物質過敏症を描いたドキュメンタリー映画。

予告編

多くの方に観ていただいて、身の回りの化学物質、農薬の影響を知って欲しいと思う。

私も煙草の煙や香水などに反応する化学物質過敏症。
現在、化学物質過敏症患者は70万人から100万人いるといわれ、2年前に病名登録された。
病名登録されるほど大勢の人が罹っているわけで、何だか具合が悪いのが、身近な化学物質が原因かもしれない。
人それぞれ反応するものが違うので、どんなもの?と聞かれても表現するのが難しい。

この「いのちの林檎」に出てくる早苗さんは重症患者。
もっと重症な患者さんは、寝たきりで外出などできない人もいる、という事だ。

化学物質過敏症が重症化すると電磁波過敏症になるという。

私も放射線量測定を行っていると、具合が悪くなるが、測定器からかなり高い電磁波が出ているようだ。

日時 4月26日(木)
1回目 10:30~12:30
2回目 18:30~20:30

その間に「みつばちからのメッセージ」を無料上映。14:00~15:00

場所 船橋市勤労市民センター(船橋市本町4-19-6)
JR、京成船橋から徒歩5分

協力金 千円

主催:生活環境を健康にする会

~会からのメッセージ~
私たちは化学物質過敏症患者が住みやすい環境を実現するために、患者、家族や支援者が参加しています。
これ以上、化学物質過敏症患者を増やさないため、未来を担う子どもたちの健康を守るため、また理解する社会にするため活動をしています。
毎月定例会を船橋市フェイスビル5階市民活動センターで話し合っています。
参加歓迎です。
ご連絡ください。
ブログ: 生活環境を健康にする会
連絡先: seikatukankyo@gmail.com

先日3/11と12日のイベントご報告☆

3月 16, 2012

遅れてしまいましたが、ご報告です。

先日3/11、ナチュスタでのサティシュさんの「今、ここにある未来」キャンドルナイト上映会が無事終了いたしました。

すごく楽しかった!希望溢れる一日でした。

これは、私もメンバーの虹の天使プロジェクトというボランティア団体の主催です。

上映後は「夜通しカフェ」があり、参加者の中には、佐倉市役所の方やOFMの農家さん達がいらっしゃり、様々な分野からの集いになり、とてもおもしろいカフェタイムになりました。これは極秘ですけれど、農家さんが手作り無農薬どぶろくを持って来てくださって盛り上がってしまいました。参加者は26人でした。

サティシュさんの言葉に「自信が持てたよね。これからはスローで土や水、自然に根ざしたあり方に自信を持っていきたいよね」と農家さんとお話を交わせ、私は飛び上がる程の嬉しさを感じました。これがシェアする喜び、醍醐味だなあと感激しました。
翌日12日に開催された、「アンニャ・ライトさん&吉度日央里さんトーク&松谷冬太さんライブ」のご報告も簡単にさせていただきますね。
私にとって、京都府から平日昼間開催のイベントの集客活動するという意味で初チャレンジでありました。どうなることかと思いましたが、ナマケモノ倶楽部さんたちが提案してくださった、ツアーの最終日のアンニャさんのトークというチャンスはあまりにも魅力的でしたので、ぜ〜ったいやりたい♪と思いました。それに加え、ナマケモノ倶楽部さん、ゲストの方々のお心遣いで参加費も低く設定させていただけたので集客し易くなりました。参加者は11日と同様26人でした。いい感じで満席。子ども連れのお母さん達、孫がいる世代の方々、福島からの赤ちゃん連れのカップルと、色々なところからご参加いただきました。
アンニャさんはサティシュさんの女性版みたい。響き渡る歌声とスローギターは、私にオーストラリアの浜の匂いを思い出したました。「明日はビーチに戻ってリラックスしたい!」とおっしゃってたアンニャさんの言葉にすごく納得してしまいました。今まで何度かナチュスタに来ていただいている吉度さんも相変わらず最高でした。3人の息子さんをホームスクーリングで育てた方のお話には学ぶことが沢山でした。松谷冬太さんの生の声がきけて嬉しかった!というご感想もありました。
4/22に、京田辺でもサティシュさんのアースデー上映会を開催させていただこうと意気込んでいます。
なんだか関東、関西、日本全体の距離が、私の中で急接近しています。
ローカリゼーションの流れの中で、不思議な気持ちです。
まき

スペシャルトークイベント☆スローマザーカフェ☆

2月 6, 2012

ぬちぐすい(いのちの薬)の会にぴったりのイベントのお知らせです。

来日するアンニャさんと吉度さんのコラボトーク。プラス松谷さんのライブ。

今から3月12日の午後予定を空けててくださいね!育児中のお母さんお父さんは特にオススメ。

メール転送・フェイスブックでシェア・ツィッタで拡散大歓迎!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

2012年3月12日(月) 13時開場/13時半スタート

In Natural Studio(@千葉県佐倉市ユーカリが丘)

ナマケモノ倶楽部・共同代表 アンニャ・ライトさんが

オーストラリアからコアラの街・ユーカリが丘にやってくる!

[TALK]
アンニャ・ライト
オーガニックジャーナリスト・吉度日央里さんと一緒に
☆スローマザーカフェ☆

[LIVE]
アンニャ・ライト
スローシンガー・松谷冬太さんと一緒に
☆スローミュージックライブ☆

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

環境活動家のアンニャ・ライトさんが2月下旬に来日されます。

アンニャさんは環境文化NGOナマケモノ倶楽部の立ち上げ人のひとり。

またシンガーソングライターでもあります。

そんなアンニャさんはオーストラリアでセルフビルドで家を建て、浮いたお
金で太陽光パネルを導入して、スローで持続可能な暮らしを実践されていま
す。

その傍ら、2人の子どもを持つお母さんでもあります。最近は小学校のはP
TA会長を引き受け、校庭にオーガニック菜園をつくっちゃいました。

トークでは、オーガニックジャーナリスト吉度日央里さんをお招きします。
吉度さんはホームエデュケーションで3人の子育てをされたスローマザー。

アンニャさんと吉度さんで“スローマザー”について、そして“環境”につ
いて語っていただきます!

ライブにはスローシンガー松谷冬太さんをお招きしアンニャ・ライト、スペ
シャルスローライブを行っていただきます。

平日の昼間という時間帯ですが、ぜひこの機会にお越し下さい。

◆◇◆トークゲストプロフィール◆◇◆

【アンニャ・ライト(Anja Light)】
スウェーデンに生まれ、オーストラリアに育つ。10代より環境・反核活動家
として、オーストラリア、マレーシア、日本などを中心に活躍。「ディープ
エコロジー」哲学にもとづく環境教育の実践でも知られる。1999年、日本の
仲間たちと環境=文化NGO「ナマケモノ倶楽部」を結成、以来、倶楽部の
リーダーとしてスロームーブメントを牽引してきた。
2001年春、長女パチャ、2003年夏、長男ヤニを自宅出産。2005年に名古屋で
開催された「愛・地球博」では、市民プロジェクト「地球を愛する100人」
にノミネートされた。
現在、オーストラリアにセルフビルドで家を建て、国内外からのボランティ
アを受け入れながら、馬とともに、SLOHASな暮らしに取り組んでいる

CDに「Slow Mother love」ほか3枚リリース。日本語での著書に『しんしん
と、ディープ・エコロジー~アンニャと森の物語』(大月書店)等。

【吉度日央里】
オーガニック系編集者。長男のアレルギーを機に主婦と生活社を退社し、玄
米菜食に出会う。  尾形妃樺怜氏に師事し、大森英櫻氏、大森一慧氏、山村
慎一郎氏、岡部賢二氏の講座にも学ぶ。
『マクロビオティック望診法 美人のレシピ』(山村慎一郎著・中島デコ料
理 洋泉社)、『発酵道』(寺田啓佐著 河出書房新社)、『一慧の穀菜食
BOOK・手当て法』(大森一慧著 宇宙法則研究会)、『家族を内部被ばくか
ら守る食事法』(岡部賢二著)などの編集を手がける。
日本に「農」のムーブメントを起こそうという「種まき大作戦」にも参加し
、『半農半Xの種を播く』(塩見直紀と種まき大作戦編著 コモンズ)や
『土にいのちの花咲かそ』(加藤登紀子著 サンマーク出版)などを制作。
編集の仕事のかたわら、トークイベントや料理教室などを行っている。
「子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク」事務局メンバー、同「千
葉ネット」世話人、「放射能に打ち勝つ食事と手当てを全国に広める会」代
表。

◆◇◆ライブゲストプロフィール◆◇◆

【アンニャ・ライト(Anja Light)】
同上

【松谷冬太】
1988年、単身渡米。ニューヨークでの音楽活動を経て、帰国後、数々の
CM音楽の制作に参加。その後東京に疲れ、一年数ヶ月沖縄本島で暮らす。
辻信一氏(文化人類学者、環境活動家)をはじめ、ナマケモノ倶楽部との活
動を通して「こころの革命」を感じながら、この混沌の時代に自分には何が
できるか、自分の音楽と仲間たちとの活動をつなげて、暮らしやすい社会へ
ダイナミックな変革を起こすことができないかを模索しつつ、精力的に活動
のフィールドを広げている。
1stアルバム『森のうた』(Try Record)など。http://www.fuyuta.com/

*****************

■と き
2012年3月12日(月)

■時 間
13:00 開場・受付
13:30 トーク&ライブ
15:00 閉幕予定

■場 所
Natural Studio(ナチュラルストゥーディオ)
千葉県佐倉市宮ノ台3-1-10山万ビオトピアプラザテラス3
(山万ユーカリが丘線『中学校』駅下車すぐ左手)
http://naturalstudio.net/

■料 金
一般:予約1,500円/当日1,800円
学生:1,000円
子ども(小学生以下):無料
(定員40名)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【主催】
環境文化NGOナマケモノ倶楽部(http://www.sloth.gr.jp/
ぬちぐすいの会(http://goo.gl/6qzUP

【予約先・お問合せ先】
ナマケモノ倶楽部
○TEL:03-6661-0898
MAIL:info@sloth.gr.jp

オススメの映画上映情報です。

1月 8, 2012

今までご一緒に活動させていただいた大切な仲間−八街のかんこちゃんこと佐藤寛子さんとそのご主人からのお知らせです。お二人がご覧になって涙涙ですぐ地元での上映を決意した「うまれる」。

 

私は行けませんが大のオススメ映画ですのでご都合が付きましたら観に行ってくださいね!!

なお、当日のボランティアスタッフ、チラシを撒いてくださる方、あるいはチラシを置いてくださる方、集客のお手伝いをしてくださる方など募集中!よろしくおねがいいたします!

 

魂が号泣する感動の104分  「うまれる」

生まれてくること、生きることは奇跡の連続です。
何度も言われてきたこのことを、頭ではなく、心で感じる機会は
どのぐらいあるでしょう?

命の尊さを言葉で教育しても、自殺やいじめがなくならないのは
なぜでしょう?

私たちや多くの子どもたちが、自己肯定感を持てなくなっているのは
なぜでしょう?

感じてください。そして思い出してください。
私たちのいのちが、どういうものであるのかを。

<映画「うまれる」上映会のお知らせ>

自分たちが生まれてきた意味や家族との絆命の大切さ、人との繋がり、
そして“生きる”ことを考える、ドキュメンタリー映画です。

東日本大震災復興支援チャリティ上映会

とき 2012年2月19日(日)午後2時~

ところ 八街市中央公民館大会議室
(総武本線八街駅南口から徒歩10分)

前売り 一般700円 学生500円 中学生以下・障碍をお持ちの方 無料
当日 一般1000円 学生500円 中学生以下・障碍をお持ちの方 無料

お申し込み 090-9348-2907(佐藤) メール:shishamo@js3.so-net.ne.jp

※収益はすべて、八街市社会福祉協議会を通じて、東日本大震災の復興支援のために被災地に送られます。

主催 やちまたおやこ劇場 「うまれる」上映会in八街実行委員会
後援 八街市 八街市教育委員会 八街市社会福祉協議会

クリスマス・こどものマルシェ

12月 8, 2011

12月23日(木・祝日)は「クリスマス・こどものマルシェ」10時から13時半までです。

10時から12時までは、奥津さんによる「ミツロウクリスマスキャンドル&キャンドルスタンド作り」WS。

作成後はクリスマスキャンドルに灯りを灯してお話しに耳を傾けます。参加費は材料費込みで1,000円。定員12名。

お申し込みはアトリエそうわーくすさん(sow-works@m3.dion.ne.jp または 043-483-2555)

12時から13時半まではプチマルシェの時間。

マクロビオティックニブル、ドリンク、自然のおもちゃ、天然酵母パン、無農薬野菜など入ってきますよ。

当日のワンコイン(500円)出店者さん募集いたします!ご興味のある方はえり(sakana@tokyo.email.ne.jp)またはまき(maki.findlay@gmail.com)へ

わらべうた&わらべカフェ・クリスマススペシャル

12月 8, 2011

12月20日は今年最後の「わらべうた&わらべカフェ・クリスマススペシャル」。0〜2才の親子中心です。わらべうたの会参加費は親子で500円。カフェはなるべくご予約下さいね。参加お申し込みはえり(sakana@tokyo.email.ne.jp)へ。

 

わらべうたの会@Natural Studio

〜小さい子どもとの共感遊び〜

 

子どもの頭、顔、手、腕、足などの身体で遊んであげたり、歌ってあげる/トナエを言ってあげる「遊ばせ遊び」のわらべうたを通して、自分を愛せる子どもを育てます  (1セッション 3〜40分)

 

講師ご紹介:能田周子(のうだちかこ)先生

船橋市の公立保育園に18年勤務。その後児童館に20年勤務。退職後は保育士の為のわらべうたサークル、児童館などでの親子のわらべうた教室を受け持って来られました。羽仁協子さん設立のハンガリー発祥「コダーイ芸術教室研究所」の活動にも8年間貢献されていらっしゃいます。

 

12月の予定 20日(火)

9:50から10:30 (始めの10分はwarming up time)

 

参加費:一回500円 別途運営費、維持費等はありません

(親子ペアで 予約要 先着順)

場所:ユーカリが丘線「中学校」駅下車すぐ隣 Natural Studio(ナチュラル・ストゥーディオ) https://naturalstudio.wordpress.com/

環境・平和・農・自然派育児関連のナチュラルワークショップスペース(おむつ替え台、ベビー敷き布団一枚、Organic cottonブランケット4枚、授乳用ケープ2つ有り)

 

お申し込み/問合わせ:TEL/FAX:043-489-3663/E-mail:sakana@tokyo.email.ne.jp

☆わらべカフェについて:

わらべうたの会終了後の10:50〜13:00まで、「わらべカフェタイム」として、スペースで気兼ねなくおくつろぎいただけるようにしました(テーブルセッティングさせていただきますことご了承ください)。その間わらべリゾット、体や母乳に優しいごはんや、飲み物等も注文頂けます。

わらべカフェは癒し

11月 27, 2011

昨年から続けております、月1回のわらべうたの会ですが、ちっちゃい子ども達の表情や行動って、本当に観てて飽きなくて面白いですね。

先日もわらべうた&わらべカフェがありました。この日記は当日書いたのですが、なぜか今回写真アップの仕方が分からなくなり、保留にしていたのです。遅ればせながらのご報告です。

会中は、能田先生とお母様達の朗らかな声がキッチンにも届いてきます。

自分の子どもが小さかったときに大変だったことはすっかり忘れて、とにかく愛らしい姿に時々じっと見入ってしまっておりました。

お母さん達は大変です。出来る限り、少しの時間でも休んでもらいたくて、また、食や今気になる放射能の話し、幼稚園の話し、佐倉で参加できる集いの話し、色々と話題もシェアして、過ごしてもらっているのですが、あの日はどんな想いを胸にお帰りになったかな。。。

今日のわらべメニューは、

わらべクリームリゾット(今日はテンペ、ニンジン、たまねぎ入り)

オーガニックランチプレート(野菜は全て無農薬)

自然栽培玄米ご飯もちきび入り

秋田の天然若芽とはと麦入り春雨、ニンジンのナムル

板ふと無農薬もやしのごまなま酢

白菜と大根のソイドレッシングサラダ

カブとごぼうのマサラ

レモンのマクロプチケーキ

無農薬玄米黒豆茶付

でした。せっかく写真とったのにアップできない。いったいどうしたというのか、ワードプレス〜〜

 

来月のわらべうたの会&わらべカフェはクリスマススペシャルです。

日程は、12月20日(火)ですので、お間違えのないように!